実際に買った商品、便利で快適なおすすめグッズ、つい気になってしまうアイテムを紹介しています!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌入れにはポップガード

破裂音の収音とツバをキャッチするポップガード

歌入れの時のマイクのポップガード。

当初、この物の名前がわからずに変えなくて苦労しました。

レコーディングスタジオに置いてあるマイクから飛び出している黒いせんべいみたいなものって何?って聞いたことがあるくらいです。

だから何故これを使うのかさえも知りませんでした。

で、歌入れをやっていくうちに、このポップガードというものを使う必然性が出てきたんですね。

そうしたところ、言葉によっては録音した感じが違うものになることがわかりました。

破裂音の収音を防いでくれますから、ちょっと意味は違うけど、リアルコンプレッサー的な感覚です。

そして、「ツバもキャッチもしてマイクを守ってくれる」

というのも大きな役割だと思うわけです(^_^;)

洗える高価なのもあるようですが、これを普通に洗って使っています(^^)

ただ、個人的には録音する内容というか歌の雰囲気によっては、ポップガードがない方がいい場合もあると思います。

何でもかんでもキレイに録ることが正解ではないと思っています。

ってこんなこと言ったらエンジニアさんに怒られちゃうかなぁ(汗)

K&M ( ケーアンドエム ) / 23956





ブックマーク


オススメ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。